花より男子 < ドラゴンボール < 漫コミ
ドラゴンボールは、どんな願いでも1つだけ叶えられるという球「DRAGON BALL」を巡る冒険漫画。

ドラゴンボール

ドラゴンボール

ドラゴンボール超人気作品。販売数も常にトップクラスです。
「ピッコロ編で終わったほうが良い」という人も多いですが、そんなことろありません。
個人的には人造人間編が一番好きです。
体力が戻る「仙豆」があります。非常に貴重なもの。
クリリンに飲ませるのはもったいない!と思うシーンが何度も出てきます。

ドラゴンボール

作者  鳥山明
出版社 集英社


世界中に散らばった7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという球「ドラゴンボール」と、主人公「孫悟空」(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた冒険漫画。




物語

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの約10年半にわたって連載され、単行本・完全版の発行部数は国内で1億5721万部以上[2]、全世界で2億3000万部以上といわれる。

少年期から始まり、地球の人里離れた山奥に住む尻尾の生えた少年・孫悟空はある日、西の都からやって来た少女ブルマと出会う。

そこで7つ集めると神龍(シェンロン)が現れどんな願いでも一つだけ叶えてくれるというドラゴンボールの存在、育ての親孫悟飯の形見として大切に持っていた球がその1つ「四星球」(スーシンチュウ)であることを知り、ブルマと共に残りのドラゴンボールを探す旅に出る。

人さらいのウーロンや盗賊ヤムチャなどを巻き込んだボール探しの末、世界征服を企むピラフ一味にボールを奪われ神龍を呼び出されるが、ウーロンの下らない願いを叶えてもらうことで一味の野望を阻止する。
・・・









AI-JLC
RSS