体内時計をリセット


睡眠の専門家の多くが「現代型不眠」が増えていると指摘しています。その背景には、夜間でも明るい照明にさらされる時間が増えた事にあるとか。また年をとるほど、眠りを促すメラトニンというホルモンの量が減り、不眠を訴える割合が高くなり、約80歳代の3人に1人が不眠を訴えているらしい。

ホームページ1

ホームページ2


パソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機などを寝る直前まで操作している人も多く、本来寝る時間に光の刺激を受けると、メラトニンが出にくくなる。この結果、体内時計が乱れ、寝つきが悪くなったり、日中に眠気が襲ってきたりするようになる。これを改めるには、早寝早起きの生活習慣にすることが最善の策です、そして朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びると、体内時計がリセットされる。とはいえ、現代人は体内時計に無頓着な人が多い。これからの不眠症対策は生活習慣を改善する事です。


マイナスイオン寝具 トルマリン・デカ枕
ふんだんに使用したトルマリンビーズに圧力が加わることにより常にマイナスイオンを発生します。ほどよいフィット感と共にリラクゼーション効果が促され、快適な眠りへと誘います。
【マイナスイオン寝具 トルマリン・デカ枕】癒しの安眠はまくらで選ぶ!☆送料無料☆
【マイナスイオン寝具 トルマリン・デカ枕】
癒しの安眠はまくらで選ぶ!☆送料無料☆

通常のご使用範囲においては、トルマリンは半永久的に電気石としての性質を維持しますのでマイナスイオン効果もほぼ半永久的と考えることが出来ます。但し、枕の素材そのものは長期間のご使用により、一般の枕と同様に傷みは生じます。

花より男子 体内時計をリセット